農業作業息吹/第66号 | 人と農・自然をつなぐ会





ibuki.gif

第66号 2009年1月

枝葉
SN3E0052.JPG
みかんの収穫が終わった昨年12月下旬ころから、剪定作業を始めた。例年は剪定を2月頃から始めていたが同時期に行う茶園での施肥や刈りならし等の作業とぶつかり、じっくりと剪定をすることが出来なかったという反省から今年は早めに始めた。新芽の芽吹く春前に混み合った枝を間引き、日光がすべての葉に均等に行き届くようにすることで、病気の発生を抑えより良い実を結ぶ。また、剪定によって理想とする樹形に仕上げることで収量も大きく影響されるので、とても大切な仕事。就農したばかりのころは、どの枝を切り、どの枝を残すかの見極めが出来ず、樹の樹勢が良すぎて実が殆どならなかったり、剪定が不十分で小さい実が沢山ついたりと悪戦苦闘してきた。
しかし、ここ数年間ミカンの木の傍で仕事をし、観察を繰り返すうちに、少しずつ見えてきたような気がする。どの枝も、そして一枚一枚の葉すべてが日光を得ようと太陽に向かって広がり伸びている。それを手助けするのが私の役目で、逆行枝という内側へ向かって伸びる枝や、並行枝という同方向へ伸びる枝を混み合い加減などを見ながら切っていくと、木の上部ばかりでなく中間部や下部の葉にも日光が届くようになる。木の「声」に心の耳を傾けながら、時には「う~ん」と立ち止まり木のまわりをグルグルまわって全体を見たりしながら剪定を進めていく。まさに木と相談しながらの剪定。その結果は新芽の伸び方や5月の花の咲き具合でわかる。まだまだ試行錯誤をしてはいるが、マニュアルを暗記すればすべてが上手くいくものではなく、その年の気候や木の樹勢など様々な要素に影響されるためそれらも考慮に入れて、適切な剪定を施す。上手くいくこともあれば失敗もある。それを繰り返しながら技術を自分のものとして習得していくことは、とても根気が要るが、ミカンの木の生長する様は、まるで私自身の枝葉が太陽に向かって伸び広がるように嬉しく、それが次への原動力となって多少の失敗にもめげずに進むことができる。去年よりも今年、今年よりも来年はより良い木へと育ち、より美味しい果実を皆さんにお届けしますので、どうぞお楽しみに。

若い息吹
1228日、暖かな日差しといっぱいに広がる青い空のもと、餅つき望年会が開催された。集まったのは米作りに関わった若者たちと新たに仲間に加わった若者を合わせ総勢36名。自分たちの手で育てた米で餅をつき、田んぼの真ん中に広げたゴザの上で餅や各自が持ち寄った自慢の手料理を頬張る。6月の田植えから始まった田んぼでの作業をとおして、仲間の輪が広がり、集まりをもつ毎に新たな仲間が加わっていく。大自然に囲まれ、豊かな食糧を提供してくれる田んぼは私たち若者にとってかけがえのない結びつきの場となっていることを実感する。社会には暗い話題ばかりが溢れているが、若者が集い手を繋ぐことから暗い影も吹き飛ばすほどの元気と輝きが生まれる。田んぼでは若者が若者らしく光り輝く。新たな年を迎えるにあたって、これからも人と人、人と農、人と自然の結びつきを強める農業への決意を新たにしました。これまで温かいご支援をありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いします。
SN3E0045.jpg





01.gif

無農薬茶メニュー.png無農薬紅茶メニュー.png無農薬みかんメニュー.png無農薬味噌メニュー.png小麦メニュー.png

side_02.gif
side_03.gif
side_04.gif
side_05.gif
side_06.gif
side_07.gif







新茶便りダウンロード新茶便りダウンロード

ibuki_copy.gif


DSC_4974.JPG
それぞれの新茶期
第157号
2017年6月

・・・・・・

17457979_10155281389470992_6722478881990905863_n.jpg
オーガニックって?
第156号
2017年4・5月

・・・・・・

thumbnail_IMG_2844.jpg
生きる場所
第155号
2017年3月








・・・・・・・・・・
お知らせ
12144740-231x300.jpg
第17回
紅茶加工交流会
2017/6/17(土)・18(日)
詳細