農業作業息吹/ 101号 | 人と農・自然をつなぐ会





ibuki.jpg

第101号 2012年2月号

カタチなきもの

本当に大切なものは形もなければ色も臭いもない。ましてや数字で量るなんて...。
私たち無農薬茶生産者グループにとって会設立以来の危機に直面している。これまで農薬・化学肥料を一切使わずに自然との調和の中で大地を耕し、茶を生産してきた。安全な食を求める大勢の方々と繋がり地域内での無農薬茶生産の取り組みで仲間を増やしながら拡げてきた。それが3月11日の原発事故で、放射性物質が空から舞い降り、大切に育ててきた茶樹が、土が、水が、空気が、自然界すべての生命が汚染されてしまった。もちろんそこに生きる私たち自身も。一瞬にして35年間コツコツと積みあげてきたものが吹き飛ばされた。丹精してやっと出来あがった茶が微量なりとも、基準値以下といえども汚染されているという事実を受け入れることは身を裂かれるような思いだった。それと同時に、これまで私たちの無農薬茶生産を支えてきてくださった多くの消費者の方々にこの事実をしっかりと伝える必要があるとの思いから、5月の一番茶、7月の二番茶、10月の秋番茶の分析を行い結果はすべて公表してきた。日本全土が汚染されている中、汚染の事実を受け入れなければならないのは生産する者もそれを消費する者も同じこと。だからこそ正確なデータを公表していくことはすべての農産物と食品に必須だ。残念ながら、現在流通する殆どの農産物は分析されずに店頭に並んでいる。それこそが私たち消費する者の不安を更に煽り風評の原因になると思う。風評被害といって消費者を非難するのではなく、適切な検査とデータ公表を行わない行政と東京電力を非難すべきだ。
茶の放射能汚染のニュース以降、茶の販売不振は続き販売額にして例年の3~4割減という深刻な状況にある。12月から東電への賠償請求の手続きを始めた。封筒で郵送されてきた分厚い資料を前にめげそうになりながらも、文字を追う。読書は好きで普段から本はよく読む方だが、この請求資料の言葉は難解きわまりない。懸命に読めば読むほどわからなくなるから不思議だ。それでなくても被災したり、被害を受け心に大きな痛手を負っている人達にこの申請書を作成しろというのは何と無神経なことだろう。12月下旬には農民組合に東電職員4人を呼び、説明会を開いた。申請書を記入しながら、そして東電社員の説明を聞きながら、何かしっくりこないものがあった。問題の本質がぼやけている。本当に大切なものは何も賠償されない。なぜなら、賠償対象となるものは売上下落や在庫保管料など数字やデータで証明されるものだけだから。勿論、私たち農家の作物を汚した賠償は絶対に必要だ。そして損失を証明するすべての書類を添付した。けれど私たちの最も大切にしてきたもの、35年間の生産を通して守り伝えようとしてきたものは何一つ賠償されない。地域の農業を守り安全な食を追求する情熱、直接つながることで培ってきた消費者の方々との信頼関係、大切に育ててきた土や茶樹、そしてこの地に生き家族を育む若い世代の未来、そのどれもカタチをもたない。数字で表わすことはできないし、証明する書類などあるはずもない。
 説明会の最後に東電社員の一人一人に今の思いを言ってもらった。謝罪の次に続く言葉は「より安全な技術追求」、「電力の安定供給」などであった。私たちが本当に欲するのはそんな言葉ではない。同じ過ちを二度と繰り返さない為、そしてカタチなき、しかし私たちにとって本当に大切なものを守るため、すべての原発の廃炉。ただその一点だ。
 私たちは今、激動の時を生きている。今までのように見えないものを知らなかったと意識の片隅に追いやり、何も無かったかのように日常を生きるか。それとも見えないものに言葉を与え、それを見ようと行動するのか。私たち一人一人が今問われている。

16.jpg





01.gif

無農薬茶メニュー.png無農薬紅茶メニュー.png無農薬みかんメニュー.png無農薬味噌メニュー.png小麦メニュー.png

side_02.gif
side_03.gif
side_04.gif
side_05.gif
side_06.gif
side_07.gif







新茶便りダウンロード新茶便りダウンロード

ibuki_copy.gif


20916850_1424500570979227_536657555_n.jpg
足もとの豊かさ
第159号
2017年8・9月

・・・・・・

19059050_10206955957855798_6634904471321704551_n.jpg
感性
第158号
2017年7月

・・・・・・

DSC_4974.JPG
それぞれの新茶期
第157号
2017年6月










・・・・・・・・・・
お知らせ
樹 080.jpg
『命めぐる収穫祭』
稲刈り2017
2017/10/28(土)・29(日)
詳細