農業作業息吹/第90号 | 人と農・自然をつなぐ会





ibuki.gif

第90号 2011年2月

農の心

人は出会うべくして人と出会い、大切な言葉や考えと出会うのかもしれない...このところ、そんな想いが強まっている。
最近の私は出口の見えない悶々とした気持ちの中にあった。茶畑へと続く山道を行けば、年々広がる耕作放棄地が目につき、村から若者の姿は消え、おじいちゃん、おばあちゃん農家が必死に村の茶づくりを支えている。その先の限界が見えているからこそ、今何とかせねば...と焦る気持ちと、具体的に何をどうしたら良いのかわからずに、寝ても覚めても常に悩み考えていた。村の高齢化とは対照的に、都市部の若者を中心に農業・農村への関心が高まっている。この両者をどう繋ぐか...考えても考えても良いアイディアが浮かばずにスッキリしない気持ちで覆われていた。
そんな折に教育評論家の三上満さんの語った「農の心」という言葉が私の中に一筋の光を投げかけてくれた。それは農耕民族である日本人の中に流れる心――大地を讃え、自らを大自然の一部と位置付ける謙虚な心の持ち方だと思う。農家だけでなく、すべての人々が食べることを通して他の生命をいただき、自らの命をつなぐ。畑を耕さなくても、食を通してしっかりと大地や他の生命との繋がりを意識出来たら、農村の抱える問題だけでなく、人が人として生きる上で大切なものを気づかせてくれると思う。人間関係、社会の在り方、平和、教育、福祉、環境...農の心は様々な場面で生きるのではないか。
私たち日本人は経済成長、技術革新、グローバル化の中で、足元の土から離れ、忘れている。かつて豊かな農作物を与えてくれた大地はコンクリートで覆われ、汚染され、人々は靴を履き、土は汚いもののように扱われるようになった。土から離れゆく人々に農の心を持ってもらうためには...それこそが農家の仕事だと思う。私たち農家は豊かな大地の上で毎日鍬を振い、土を耕し、作物に惜しみなく愛情を注ぐ。そんな作物にはそれを食べる人の体をつくり、心を温めるチカラがある。作物が育った畑を囲む山並み、鳥の声、川のせせらぎ、大地の温もり、降り注ぐ日差しなどに想いを巡らす想像力も与えてくれると思う。私は私のつくる茶やミカン、味噌などの農作物を通して少しでも「農の心」を発信していきたい。
素敵な言葉に加えて、新たな人々との出会いにも恵まれた一月だった。地域活性に情熱を注ぐ東京の若者、京都でお茶づくりと情報発信に取り組む若者、週末ごとに東京から静岡へ帰京し荒れてしまった祖父母の茶畑を復興しようと開墾する若者、新規就農を志す若者と自分のことのように彼の応援をする友人...多くの若者達が「何とかせねば」と熱い想いを胸に農業・農村に関わり始めている。住む場所、これまでの体験、職業などは違っても、困難な現状に希望を見出そうと皆がそれぞれの立場から未来へと歩みを進め、「農の心」によって結びつけられた。彼らの姿を目の当たりにし、そんな多様性こそが今後の村や農業の発展に重要であると感じている。 
農村・農業の問題に直面する毎日のなかで悩みは尽きないが、悩み考えることは未来へ一歩を踏み出す不可欠な道程なのだろう。人が集まることで、一人では到底想像も出来ないような大きなエネルギーが生まれる。新たな人や言葉、考えとの出会いを経て、いま新しい何かが始まろうとしている、そんなワクワクする気持ちだ。





01.gif

無農薬茶メニュー.png無農薬紅茶メニュー.png無農薬みかんメニュー.png無農薬味噌メニュー.png小麦メニュー.png

side_02.gif
side_03.gif
side_04.gif
side_05.gif
side_06.gif
side_07.gif







新茶便りダウンロード新茶便りダウンロード

ibuki_copy.gif


DSC_4974.JPG
それぞれの新茶期
第157号
2017年6月

・・・・・・

17457979_10155281389470992_6722478881990905863_n.jpg
オーガニックって?
第156号
2017年4・5月

・・・・・・

thumbnail_IMG_2844.jpg
生きる場所
第155号
2017年3月








・・・・・・・・・・
お知らせ
12144740-231x300.jpg
第17回
紅茶加工交流会
2017/6/17(土)・18(日)
詳細