農業作業息吹/第78号 | 人と農・自然をつなぐ会





ibuki.gif

第78号 2010年1月

Blue Moon(ブルー・ムーン)

大晦日の凍てつくような寒空に大きな満月が輝く。ひと月に満月が2回ある時、2回目の満月をでブルー・ムーンと呼ぶ。英語の慣用句の”Once in a blue moon”は「極めて稀なこと」「めったにあり得ないこと」または「特別なこと」などを意味し、そこから2回目の満月をBlue Moonと呼ぶようになったと聞いた。Blue moon が大晦日と重なっただけでなく、数時間後の早朝の部分月食も早起きの私は偶然目撃した。これからの一年が特別な年になる前触れのように。
 私の住む静岡県藤枝市は温暖な気候のため、冬でも暖かな日が多く雪はめったに降らない。それが、大晦日の晩から元日にかけて風花(かざはな)と呼ばれる小雪が強い風と共に晴天のもと当地を吹き荒れた。「明日の朝は雪がつもっているかも」という父の言葉の通り、元日の朝は雪がうっすらと大地を覆っていた。人間が寒さに体を縮こめるように、畑の茶樹も野菜もミカンなどの果樹も寒さにジッと耐えている。
冬のこの時期、私には剪定という大切な仕事がある。収穫を終えたミカンの木や、茶の幼木など、密集した枝葉を切り落とすことで、残った枝葉に光が十分に当たり、春になるとそこから新芽が元気に芽吹く。就農してから今年で6年目の剪定作業。最初はどの枝を切って良いのか途方に暮れ、父に聞いても納得がいかず、試行錯誤だった。それが一年また一年と経験を重ねるごとに何となく身についてきたように感じる。コツは頭で考えるよりも、木と対話すること。少し大げさに聞こえるかもしれないが、実際に木を前にして心の中で木と話をすることが大切。葉が茂りすぎて陽光が十分に届かないところ、枝が逆方向に不自然に伸びて他の枝とぶつかっているところ... 切り方次第で枝が延びる方向も決められるので、枝をもう少し延ばしたいところなども木と相談する。太い枝は鋸を使い、その他の細かい枝は剪定鋏を使う。木との対話は私の心をとらえ、指が寒さでかじかむのも忘れてしまう。
繰る日も繰る日も木と対話をしていると、木々の微妙な変化にも敏感になる。茶樹に関して言えば、晩秋ごろに例年より多く花を咲かせた。植物は花を咲かせることで受粉し、種子をつけ、子孫を残す。多くの花をつけるということは、木が何らかの影響を受け、より多くの子孫を残そうとしているということ。茶の場合、花を多くつけるのは養分が不足したり、病害虫の影響で木が弱っている時によく見られる。けれど私の茶園では肥培管理や除草作業などは例年と同様であったし、葉も健全で樹勢も良く、病害虫の被害も受けていない。これは茶木が花を咲かせて異常信号を送っているのではないか。そして、それは昨年の異常気象の影響だと私は思う。異常なまでの暖冬、お盆頃まで続いた長い梅雨、その直後の旱魃...植物は天候の変化に敏感に反応している。人間の目に見えないところで自然界の様々な事柄が相互に作用している。
私たち人間はつくづく鈍感だと思う。天候が少し変化することは植物にとっては死活問題だが、私たち人間はエアコンや水道などあまりにも便利な生活に慣れてしまい、感覚が麻痺している。昨年末にコペンハーゲンで開かれた国連の気候変動会議では結局、経済成長を重視し、環境保護は二の次となり、期待する成果も得られずに閉幕してしまった。人間のこのような過ちを私は木々にそしてそこに生きる生き物たち、私たちの後に続く世代に何と説明したら良いのだろう。
人間が今一度、自然の一部であるという感覚を取り戻すためには...そこで果たす農業の役割は大きいと思う。百姓として、いかに人と自然、人と人を結んでいくかが、これからの私の大きな課題だと思っている。
夜明け前の空に輝くBlue moon は「『特別なこと』ではあっても『決してあり得ない』ことではないよ」、と私に語りかける。

SN3E0053.JPGみかん大好きな我家の犬は器用に自分で皮を剥いて食べる





01.gif

無農薬茶メニュー.png無農薬紅茶メニュー.png無農薬みかんメニュー.png無農薬味噌メニュー.png小麦メニュー.png

side_02.gif
side_03.gif
side_04.gif
side_05.gif
side_06.gif
side_07.gif







新茶便りダウンロード新茶便りダウンロード

ibuki_copy.gif


DSC_4974.JPG
それぞれの新茶期
第157号
2017年6月

・・・・・・

17457979_10155281389470992_6722478881990905863_n.jpg
オーガニックって?
第156号
2017年4・5月

・・・・・・

thumbnail_IMG_2844.jpg
生きる場所
第155号
2017年3月








・・・・・・・・・・
お知らせ
12144740-231x300.jpg
第17回
紅茶加工交流会
2017/6/17(土)・18(日)
詳細