農業作業息吹/ 151号 | 人と農・自然をつなぐ会





ibuki.jpg

第151号 2016年10

多様な生物から

  9月、みかん畑では小さい実やキズのある実を落とす摘果という作業を行っている。みかん畑も茶畑同様、様々な生き物の棲み処となっていて、作業をしていると虫やヘビ、時には蜂が突然飛び出してきてビックリさせられることも。枝の下には小鳥の巣があり、青葉の上では鮮やかな緑色をした蝶の幼虫が葉を食べ、葉の陰にはカマキリが隠れている。木々の間はクモの巣が張り巡らされ、作業をしていると体や帽子に張り付く。葉先にサワサワと蠢くものがあり目をやると、孵化したばかりの無数の子グモが卵嚢から出てきたところに出くわした。葉を揺すると蜘蛛の子は大慌てで四方八方へ散っていくのは何とも微笑ましい。
私たち人間は勝手にそこを「みかん畑」「茶畑」「田んぼ」などと呼んでいるが、自然界の多くの生き物たちにとってそこは棲み処であり、生まれ、捕食し、捕食されるという命の循環が絶えず行われる場所であること。その一部にミカンや茶、米などの作物があり、それを人間が収穫し糧とする。大きなものばかりに目がいき、ついつい足元の小さな命を見過ごしがちだが、多くの命が存在し、共存しているなかで作物が育ち、ひいては私たちの食糧となり命に繋がっていることを忘れることから破壊が始まるのではないか。殺虫剤や除草剤などを使うことはどういうことか、私たち人間はそのことについてもっと想像力と他の生命への同情をもって考えることが求められていると感じる。
7、8月の干ばつ、9月からの長雨、本州を直撃する台風の数々、農業をするにはあまりにも厳しい天候がここ数年続いている。残念なことに農業が環境破壊と気候変動の原因となっている現実がある。実に温室効果ガスの25~30%が農業由来であるという。ここでいう農業とは現在欧米を中心に進められている大規模に単一種類の作物を生産する工業的農業のことで、1960年代に始まり大量の化学肥料、農薬、石油の消費に依存した生産をする「緑の革命」として知られている。当初は(そして今でも)生産量と農家の所得を増やすと宣伝されていたが、実際は大量に投与される農薬と化学肥料により土壌は疲弊し生物多様性は失われ、地下水は枯渇し、大型機械の購入によって農家の経営は圧迫されているという事態が世界中で起こっている。最初の数年は生産量が増えても、その後生産量は落ち、再発する病害虫の発生のため更に多量の農薬を使用せざるを得ない状況に陥っている。これは人間の活動によって生態系のバランスが破壊されたことに起因している。その結果何が起こっているか。環境破壊による気候変動ばかりか、農薬使用による健康被害も深刻になっている。他の生命を破壊することは、自らの破壊につながる。
日本も他人ごとではないと今年の深刻な台風被害で思い知らされている。北海道はジャガイモ77%、玉ねぎ54%、人参30%、カボチャ50%を供給する大産地。これらの作物は日本のどの地域でも育つにも関わらず、これだけの量を一産地に依存していることは異様であり、とても危険なことである。幾度も幾度も書いているが、日本ほど生物多様性に恵まれ自然が豊かな国は世界を見回してもない。日本では各地に根付いた伝統的な農業があり、農薬や化学肥料に依存せずとも作物を生産する技術と知識が祖先から伝えられている。日本でこそ、環境に配慮した持続可能な有機農業とそれに基づく社会の先進地として世界に未来のオルタナティブを発信していくべきではないか。

鶏.jpg





01.gif

無農薬茶メニュー.png無農薬紅茶メニュー.png無農薬みかんメニュー.png無農薬味噌メニュー.png小麦メニュー.png

side_02.gif
side_03.gif
side_04.gif
side_05.gif
side_06.gif
side_07.gif







新茶便りダウンロード新茶便りダウンロード

ibuki_copy.gif


DSC_4974.JPG
それぞれの新茶期
第157号
2017年6月

・・・・・・

17457979_10155281389470992_6722478881990905863_n.jpg
オーガニックって?
第156号
2017年4・5月

・・・・・・

thumbnail_IMG_2844.jpg
生きる場所
第155号
2017年3月








・・・・・・・・・・
お知らせ
12144740-231x300.jpg
第17回
紅茶加工交流会
2017/6/17(土)・18(日)
詳細