農業作業息吹/ 148号 | 人と農・自然をつなぐ会





ibuki.jpg

第148号 2016年6

チームワーク

  長いようで短く、あっという間のようでとても長い5月が終わった。例年、桜の開花でその年の新茶の始まり時期を予想する。今年の桜は昨年より1週間ほど遅く満開を迎えたため、新茶も昨年より遅いだろうという予想に反し、新茶の収穫は数日早い4月21日から始まった。
 毎年のことなのだが、新茶前の3月ころから、皆ソワソワし、収穫時期の作業の手は足りるか、茶畑周りの草刈りや落葉拾いは間に合うかなど心配をし始める。新茶の収穫というと、収穫作業だけを思い浮かべると思うが、実はその他にも収穫をするための準備を含め様々な作業があり、それが上手くまわらなければ適期に収穫をすることが出来ない。茶畑の周りの草刈りや茶樹の間に生える雑草の除草は収穫がはじまる数週間前から始め、収穫当日は収穫に専念出来るように事前準備をする。収穫当日は朝早くからトラックに収穫機と袋を積み込み、山の上の茶畑へと向かう。畑を一回りし、収穫適期の畑を見極めることも大切な仕事。畑が決まれば、収穫袋を茶樹の通りごとに一枚ずつ並べていく。それですぐに収穫が出来れば良いのだが、山間地で茶をつくるということは、畑に隣接して雑木林や竹林がある。するとその木から葉や花が茶樹の上にヒラヒラと落ちる。たとい落葉といえども、茶以外のものが混ざれば異物混入になってしまう。収穫前にこれらの落葉を拾うのがまた大変骨の折れる作業。「目に見える落葉より、目に見えない『異物』のほうがよっぽど危険だよね」などとブツブツ言いながら落葉を拾い、ようやく機械のエンジンをかけて収穫を始める。収穫は上の写真のように二人が機械の両端を持ちバリカン型の刃で新芽を刈り後方に取り付けられた収穫袋に新芽がたまっていく。新芽がいっぱいになった袋は日陰へ運び、茶葉が熱をもって焼けてしまわないようにフワリと広げておく。そして昼前に袋をトラックに積み込み荒茶工場へ運ぶ。
落葉拾い、収穫、袋運び、積み込みなど、これだけの仕事を殆どの茶農家が夫婦2人でこなしている。ただでなくとも重労働であるのに、高齢化の中で多くの農家は70歳代や80歳代。それでも一年に一度だけ巡ってくる新茶期、曲がった腰をさすりながらも踏ん張っている。
 毎年、新茶時期になると感じることがある。それは、私たちがとても恵まれているということ。家族の中でも若い世代が中心となり収穫、加工、発送の作業をすすめ、加えて全国各地そして海外からも大勢の助っ人がゴールデンウィークだというのに茶畑へ作業を手伝いに来てくれる。今年もアメリカ、北海道、東京、そして地元の藤枝と大勢の若者が新芽の萌える茶畑を駆け回り、汗を流し、私たちを助けてくれた。彼らの助けがあったからこそ、適期を逃すことなく新茶を収穫することが出来た。無農薬・有機の茶づくりとは豊かな自然だけでなく、人と人との繋がりがりにも支えられ守られている農業だということを誇りに思う新茶期でした。

13126737_1760524687497187_1403471060_n.jpg






01.gif

無農薬茶メニュー.png無農薬紅茶メニュー.png無農薬みかんメニュー.png無農薬味噌メニュー.png小麦メニュー.png

side_02.gif
side_03.gif
side_04.gif
side_05.gif
side_06.gif
side_07.gif







新茶便りダウンロード新茶便りダウンロード

ibuki_copy.gif


17457979_10155281389470992_6722478881990905863_n.jpg
オーガニックって?
第156号
2017年4・5月

・・・・・・

thumbnail_IMG_2844.jpg
生きる場所
第155号
2017年3月

・・・・・・

10857774_10201948788599696_2296862170063516511_n.jpg
自然と共に呼吸する
第154号
2017年2月








・・・・・・・・・・
お知らせ
☆DSC_6864.JPG
第41回
お茶摘み交流会
2017/4/22(土)・23(日)
詳細

12144740-231x300.jpg
第17回
紅茶加工交流会
2017/6/17(土)・18(日)
詳細