農業作業息吹/ 147号 | 人と農・自然をつなぐ会





ibuki.jpg

第147号 2016年4・5

生きた学び

 3月も下旬となり、新茶へのカウントダウンが始まる。毎年のことなのに、わかっているのに、それでもやはりソワソワ落ち着かない日々のはじまり。春先に気温が上がると茶畑では今年もまた雑草たちが元気に青々とした葉を広げ、茶樹に登る勢い。それをせっせと鍬で取ってまわる。春になると様々な小鳥がいっせいに鳴き始め、虫達もブンブン飛び回り、そんな中で茶の新芽が日に日に大きく伸びていく。大きな生命の環の中に茶樹があり、私たち人間もあるのだということを春の陽射しのなかで感じる。
太陽の光を浴びてキラキラ輝く新芽を見るたびに心が躍る。それは毎年の繰り返し。思えば、どれだけ繰り返しても同じように感動し、同じように心を躍らせ、同じようにソワソワ落ち着かない気持ちを鎮めようと仕事に励み、新茶を迎える準備をしている。同じであること、今年もまた無事に新茶を迎えられることがどれだけ幸せなことか、5年前の震災と原発事故以降に痛いほどに思い知った。あれから5年、放射能汚染という苦境はあったが、そこから見えたこと、学んだことも多くある。
父が無農薬の茶作りを始め、今年で40回目の新茶期を迎える。40年前、安全な食、自然と調和した農業という夢を抱いて始めた無農薬茶生産。それを今、若い世代が引き継ごうとしている。40年という歴史のプレッシャーはあるものの、それ以上に40年という時を経ても変わらない信念というのか根っこの部分を大切に、現代の社会や人の繋がりの中でいかに無農薬の茶作りを広め、私たちが百姓としてどのように社会に貢献していけるのか日々悩んだり、考えたり、模索しながら生産をつづけている。新茶を迎える喜び、生命力に満ち溢れる自然の美しさ、祖先から受け継ぐ知恵や文化、お金や数値では決して計ることのできない生きる豊かさを、想いをつなぐお茶づくりを通して未来へ伝え残していきたい。
 40年前から大切にしている消費者の方々との交流も茶摘みだけでなく、田植え、稲刈り、味噌作り、鶏しめ、上映会など幅広く継続して行っている。そんな中で、最近開催した味噌作り交流会の際に、参加者から「生きた学び」という嬉しい感想を頂いた。情報が氾濫する現代社会において、身体感覚を大切に農業、食、普段の暮らしを繋ぐ取り組みにしていけたらと思う。人は自然の一部であり、その調和の中で豊かさを享受し自らの生命を輝かせる。それを身をもって体感できる場づくりは40年前からはじまった父の取り組みの継承のひとつでもある。毎年新茶の時期に開催されるお茶摘み交流会も今年で40周年。参加される方々から、私たち生産者も多くの学びや刺激をいただき、生産への励みになっている。

樹茶摘み.jpg






01.gif

無農薬茶メニュー.png無農薬紅茶メニュー.png無農薬みかんメニュー.png無農薬味噌メニュー.png小麦メニュー.png

side_02.gif
side_03.gif
side_04.gif
side_05.gif
side_06.gif
side_07.gif







新茶便りダウンロード新茶便りダウンロード

ibuki_copy.gif


DSC_4974.JPG
それぞれの新茶期
第157号
2017年6月

・・・・・・

17457979_10155281389470992_6722478881990905863_n.jpg
オーガニックって?
第156号
2017年4・5月

・・・・・・

thumbnail_IMG_2844.jpg
生きる場所
第155号
2017年3月








・・・・・・・・・・
お知らせ
12144740-231x300.jpg
第17回
紅茶加工交流会
2017/6/17(土)・18(日)
詳細