農業作業息吹/ 146号 | 人と農・自然をつなぐ会





ibuki.jpg

第145号 2016年3

有畜複合

  稲刈りを終えた田んぼにこの冬から約100羽の仲間たちが住み始めている。昨年11月、孵化した翌日に我が家に到着した彼女たちは約1ヶ月間、 温かに保温された小さな小屋で餌を食べ、水を飲み、少しずつ大きくなり、十分な体力が付いた頃、田んぼに放たれた。これまでの狭く温かな小さな空間から突然太陽や大空、ふかふかの大地、冷たい北風の吹く広い世界へ。キョロキョロと辺りを見回し、地面を突いたり、空中を飛ぶ虫をパクリとやったり、地面を掘って砂浴びをしたり、太陽を浴びたり、羽を思いっきり広げて走り回ったり。当初心配した冬の寒さや雨などにも負けず、新しい環境に慣れるにしたがって行動範囲は田んぼ全体へ広がっていった。餌は稲を収穫した際に出る小米や、野菜くず、家庭の残飯など。近所の農家からも小米などをたくさんいただき、餌代は今のところゼロ。鶏は田んぼのあちこちで糞をし、大地を突いたり引っ掻いたりして耕し、雑草を見つけては食べてくれる。今年の稲の生育はきっと素晴らしい出来になるのではないかと、今から楽しみにしている。稲刈り後に出る稲藁は冬の間に茶畑の畝間に敷き込み、茶畑の土を豊かにしてくれる。そして茶畑の雑草や茶殻は鶏の餌に。里山という空間でつくられる循環の環に鶏が加わり更に豊かさが増している。
 田んぼの「裏作」で鶏を飼おうと思いついたきっかけは今年1月に1歳になり、いろいろなものを食べ始めるようになった息子。ジイジが育てた無農薬の野菜や我が家で育てたアイガモ米などで離乳食がスタートした。その後、食べられるものが魚や肉へと広がっていくと、何を食べさせるか悩むことが多々。放射能は大丈夫か、加工食品であれば添加物はどうか、食肉であれば餌や飼育方法、抗生物質の使用の有無など気になることばかり。安全そして安心なものをと思うとなかなかこれというものが無い。そこで、鶏肉を自給しようということに。
 日本の農村では昔から家畜を飼い、多様な作物を一年を通して作るという有畜複合農業が行われてきた。家畜は肉や卵、牛乳などの他に糞尿からは堆肥が作られ、それを畑に戻すことで土を肥やした。また荷物を運んだり畑を耕したりと労働力としても重宝された。畑では多種多様な作物を作ることで小さい面積でも効率よく生産された。それが近年家畜は農村から姿を消し、畑には1種類の作物だけが大規模に作られている。多様性を失った農村は私たちが知らず知らずのうちに失った豊かさにも通ずる。
 子どもは、育っていく過程で食べ物や暮らし方など普段何気なく繰り返していることを立ち止まって考える機会を私たちに与えてくれる。子どもに与えたいものは必ずしも私たちがいつも消費しているものではない。子ども視点でものづくりや消費、暮らしなどを考え、変わっていけば、社会は今とはちがった形になるのだと思う。
DSC_1038.JPG






01.gif

無農薬茶メニュー.png無農薬紅茶メニュー.png無農薬みかんメニュー.png無農薬味噌メニュー.png小麦メニュー.png

side_02.gif
side_03.gif
side_04.gif
side_05.gif
side_06.gif
side_07.gif







新茶便りダウンロード新茶便りダウンロード

ibuki_copy.gif


17457979_10155281389470992_6722478881990905863_n.jpg
オーガニックって?
第156号
2017年4・5月

・・・・・・

thumbnail_IMG_2844.jpg
生きる場所
第155号
2017年3月

・・・・・・

10857774_10201948788599696_2296862170063516511_n.jpg
自然と共に呼吸する
第154号
2017年2月








・・・・・・・・・・
お知らせ
☆DSC_6864.JPG
第41回
お茶摘み交流会
2017/4/22(土)・23(日)
詳細

12144740-231x300.jpg
第17回
紅茶加工交流会
2017/6/17(土)・18(日)
詳細