農業作業息吹/ 157号 | 人と農・自然をつなぐ会





ibuki.jpg

第157号 2017年6月

それぞれの新茶期

 「今年の新茶は…」4月に入ると村のあちらこちらでこんな会話が繰り返される。3月末に芽が開き、伸び始めると茶農家は、まだかまだかとソワソワ落ち着かない日々を過ごす。自然の中の作業とはいえ、今年は何と大変な年であったことか。県茶業研究センターの作況調査によると、今年の一番茶の萌芽期は4月16日で、これは1991年に始めた調査以降、最も遅いとのこと。理由としては3月から4月までの低温が影響して萌芽が遅れた。そのため収穫も例年より1週間遅れ、収穫終りも10日ほど遅れた。そして、それ以上に芽が揃わず、収穫のタイミングの見極めがこれほど大変な年は無かったかと思う。新茶収穫は芽の伸びと芯の開き具合を見て決める。春の日差しの下、新芽は日に日に変化し、収穫適期は半日ほどしか無いといわれるほど短い。その適期を逃すまいと一日に何度も畑へ足を運び、新芽とにらめっこ。新芽を前に「う~ん」と唸ることが多かったのは、同じ園地でも新芽の伸びがバラバラで入口あたりは伸びていると思っても、畑の中ほどへ行くとまだまだ芽が小さいという状態の畑が多かったから。研修生のメグミさんと一緒に頭を抱えながら畑をまわり、その日の収穫場所を決めていた。畑全体を収穫せず、芽の伸びている一部だけを収穫するようなことは例年では無かったことだ。
 そんなわけで畑としてはとても大変な年ではあったが、今年も大勢の友人たちがゴールデンウィーク中、茶畑へ手伝いに集まって来てくれた。収穫機械に取り付けられる袋持ちや、刈り取った茶葉を日影に運んで広げる作業、そして工場まで運ぶためのトラックへの積み込み。皆ほんとうにテキパキと動いてくれ、何と有難いことだろう。まわりの農家は70代、80代のおじいちゃん、おばあちゃんが腰を曲げながら二人で収穫している。その光景を見て、手伝いに来てくれたそれぞれが日本の農業について何か感じるものがあったようだ。若い力が入ることで確実に地域は元気づくと感じる。
 子どもにとっての新茶期、もしかすると大人以上に大変なのかもしれない。静岡の茶産地では「茶期一時保育」というサービスがあり、茶農家が繁忙期を迎えるゴールデンウィーク中のお休みの日に子どもを預かってくれる。ただ、いつも通う保育園ではないため、子どもにとって大きな試練の1週間となる。毎朝6時過ぎに家を出発し車で1時間の場所にある保育園へ送り届ける。2歳になる息子は予想に反して、泣きわめくこともなく聞き分けよく朝は保育園でお別れし、夕方のお迎えまでを過ごす。でもやっぱり心のストレスは大きかったようで、夕方から夜はいつにないぐずり方をしていた。茶農家の子どもも大変。これからもずっとゴールデンウィークはどこへも連れていってあげられないけど、ごめんね。
保育園がお休みの日は大人に混じって茶畑で草取りの真似事をしたり、野いちごを見つけて食べたり、木の枝でクモの巣をツンツン突いたりと遊ぶ。彼が大きくなったらこの頃をどのように思い出すのだろう。
 今年も無事に新茶収穫を終えることができた。私たちの作る茶は日々買い支えてくれる方を含め、多くの人々の支えがあってこそ出来たもの。皆さま、今年も有難うございます。
DSC_4974.JPG





01.gif

無農薬茶メニュー.png無農薬紅茶メニュー.png無農薬みかんメニュー.png無農薬味噌メニュー.png小麦メニュー.png

side_02.gif
side_03.gif
side_04.gif
side_05.gif
side_06.gif
side_07.gif







新茶便りダウンロード新茶便りダウンロード

ibuki_copy.gif


DSC_4974.JPG
それぞれの新茶期
第157号
2017年6月

・・・・・・

17457979_10155281389470992_6722478881990905863_n.jpg
オーガニックって?
第156号
2017年4・5月

・・・・・・

thumbnail_IMG_2844.jpg
生きる場所
第155号
2017年3月








・・・・・・・・・・
お知らせ
12144740-231x300.jpg
第17回
紅茶加工交流会
2017/6/17(土)・18(日)
詳細