農業作業息吹/ 155号 | 人と農・自然をつなぐ会





ibuki.jpg

第155号 2017年3月

生きる場所

 ぽかぽか暖かな3月の日差しの下、冬の寒さから解放された生き物たちは少しずつ呼吸を始めるかのように動き出す。タンポポは1月頃から花を咲かせ、その後はハコベが白い小さな花をつける。ハコベは地を這う草のはずなのに、茶畑では茶樹の枝をつたって上へ上へと延びようとする。放っておくと茶樹に覆いかぶさるように広がり、新芽の成長を阻害してしまう。これから新茶までに鍬を持ってすべての茶園を周る草取りの日々が待っている。
 みかん畑も賑やかだ。今の時期はオオイヌノフグリが柔らかな緑の葉の間から可憐な青い花を無数に咲かせ、まるで青と緑の絨毯が広がるように地面を覆っている。保育園が休みの週末、みかんの選定作業に2歳になる息子を連れていくと、その花を摘んだり、柔らかな草の上をゴロゴロ転がったり遊んでいる。小さい者たちが生きやすい環境はあらゆる生命にとって生きやすい環境なのだろうと思う。
 一面に広がる緑の絨毯をよく目を凝らして見ると、とても多くの種類の雑草たちが混在しながら生えている。昨年末に茶畑やみかん畑に生える雑草たちの種類を調査した。我が家の畑と農薬・化学肥料を使用する一般の畑を比較しながら書き出してみると、冬という時期ではあっても無農薬の畑には40種類以上の草たちが生息している。一方、農薬化学肥料を散布している畑では5~10種類ほど。土を踏んだ際の、足の裏から伝わる感触も全く異なり、前者はふかふかと柔らかい土であるのに対し、後者はアスファルトの上を歩いているかのように固い。無農薬の畑では1種類の雑草や生き物だけが威張ることなく、多種類が共存している。今はオオイヌノフグリが花を咲かせ、もう少しすると仏の座の赤紫の花、野芥子の黄色と場を譲るように移り変わり季節が巡りながら生える草も互いに譲り合うかのように変化していく。当然のことではあるが、冬には冬の、春には春の、夏には夏の、そして秋には秋の草といった具合に、その時々の気温や湿度など自然環境に適応した生き物たちが畑を賑わせ季節という大きなサイクルをつくりあげる。そんな自然とともにある在り方に心を打たれ、人間もその一部でありたいと強く思う。
 私たちの畑を訪れた方は、まず病害虫の被害がほとんど無い事に驚かれる。「無農薬=病害虫」ではないということを、私たちの畑は証明している。茶樹の枝をかき分けてみると、枝に白い菌が見えることがある。これはクワシロカイガラムシという茶農家にとってはやっかいな害虫に寄生する菌。農薬散布してもなかなか抑えられない害虫が、私たちの無農薬茶園では全く問題にならない背景には、このような私たち人間の目に見えないところで活動している生き物たちの豊かさがある。その多様性を大切にしていれば、農薬に頼らずとも豊かな稔りを享受できる。
 子どもが大きくなっていく過程で、親として様々なことに気付かされる。子どもが触れるもの、食べるもの、生きる場所を改めて考察すると、それは子どもだけでなく様々な生き物にとっても生きやすい環境である。私たち人間ができるだけ環境に負荷をかけずに生きていけたら、自然はその多様性をもって私たち人間にも恩恵をもたらしてくれる。子育てを通して百姓の感性を磨かれている日々。これからのものづくりの糧にしていきたい。

樹 400.jpg





01.gif

無農薬茶メニュー.png無農薬紅茶メニュー.png無農薬みかんメニュー.png無農薬味噌メニュー.png小麦メニュー.png

side_02.gif
side_03.gif
side_04.gif
side_05.gif
side_06.gif
side_07.gif







新茶便りダウンロード新茶便りダウンロード

ibuki_copy.gif


DSC_4974.JPG
それぞれの新茶期
第157号
2017年6月

・・・・・・

17457979_10155281389470992_6722478881990905863_n.jpg
オーガニックって?
第156号
2017年4・5月

・・・・・・

thumbnail_IMG_2844.jpg
生きる場所
第155号
2017年3月








・・・・・・・・・・
お知らせ
12144740-231x300.jpg
第17回
紅茶加工交流会
2017/6/17(土)・18(日)
詳細